売上の達成方法

目標売上高の達成は、みんなの願いです。

しかし、それを毎月、確実にクリアするのが非常に難しい。

新規開業した若い店舗では、店長やスタッフにやる気がみなぎっていて、また、まだ既存のお客様も安定していないので、実績をどんどんクリアしていきます。一方、ベテランのお店でなると、顧客も安定し、経営者も、心のどこかで油断するので、歯車が狂うと、実績を下回り始めます。直接的な原因は、周辺の、競合店舗の増加ですが、競合が出来るたびに売上が低下するようでは、何か大きな原因があります。

売上が減っている店舗で、共通しているのは、ある一部のスタイリストに売上が偏っている、イベントを行ってもスタッフ間で盛り上がらない、決めたことが長続きしない、サービスに気持ちがこもっていない(陰でお客様の噂話をしている)などの点です。

要は、みんなで一致団結する理由が見つかっていないサロンさまです。

実質的なオーナーに、人間的魅力があれば、一致団結する理由が見つかりやすいです。

「このオーナーに喜んでもらいたい」

こう考えるスタッフが多ければ多いほど、その会社は発展します。

反対にスタッフの方からは、頼りないオーナー、考えが間違えているオーナーでも、どこかいいところがある、そこにスタッフが気がついてあげなければなりません。

100%の人間なんていないのですから。

自分が入った会社のオーナーを信じなければ、認め合わなければ、意味がありません。

だから、オーナーの人格形成は必須ですし、美容のサービス業では、最も重要になります。

大きな会社では、店長が経営陣に言われた目標を守るために、必死になって、スタッフを激励してやっています。

しかし、その上から来る指示が間違っていることほど、悲劇はありません。

最近、気持ちの病気の若いスタッフを抱える店舗が本当に増えましたが、そんな若いスタッフを指導しながら、売上目標達成を目指す店長レベルの苦労をオーナーはよく知るべきでしょう。

そんなところに、目先の売上ばかり考えた命令を下すと、どうなるかわかりますよね。空中分解寸前のお店があることをどれだけの上司が知っているか。

空中分解させまいと、どれほど頑張っている店長や前向きなスタッフがいることか。

オーナーの人間力、本当に重要ですので、毎日磨いてほしいと思います。どうすれば良いか分からない人は、まず、最近、だんだん評判になっている、「こども論語塾」という本でも読んで下さい。近代の陽明学の重鎮、安岡正篤先生のお孫さんが出された本で、こども向けなのですが、エッセンスがギッシリ詰まっています。

そのほか、いろんなリーダーシップ形成の本が売っています。片っ端から読んで下さい。

「シンクロニシティ」(ジョセフ・ジャウォースキー)という本があります。私が読んだリーダーシップものの中では、一番真理に近いです。

それでも、どうしたら人間力がアップするのか。

知りたい人は、私に連絡して下さい。

人間力向上のために一緒に頑張っている仲間がいます。一人では分からないことだらけです。

 

 

という、前置きがあって、短期的にでも確実に売上を上げたいとき、効果のあるやり方があります。

一度、実践して見て下さい。

やれば分かります。なぜ、こうなったか。

やらなければ、いつまでたってもわかりません。(同じところをぐるぐる回って下さい。)

 

また、2店舗以上、参加できるようでしたら、なお効果があります。

<売上必達イベント>

1ケ月の売上計画の必達を試みましょう。(昨年実績の10%アップ)
10%アップが当たり前の店舗では20%アップ。
そして、一人ひとりに振り分け、目標を明確にすることです。
そして、それは、その人の平均客単価で割った、客数で管理して下さい。

そのあと、これを達成するための販売促進策を考えます。
方法は、自店の「売り」を活かす。「理念」を活かす。
「3年後のため今取り組んでいること」を活かす。
売りも、理念もなければ、ここから決めなければなりませんが。
また、既に販促計画があるサロンはその計画の実施を確実に各担当が
自分の客数確保に役立つように加工しなおす。

それで、月初からよーいドンです。
ここで、販売促進イベントの重要性を知ります。
多くの店舗が、販促のための販促になっています。
「販促があるから、お客さんにきてもらう」になっています。
そうではなくて、今月、これだけお客様に来てほしい。
何もなければ、声を掛けづらい。
そこで、声をかけやすいように、会社が準備するのが、
販促イベントです。
逆になっているサロンばかりです。

スタートすると、途中で1回チェックします。
途中経過のチェックの仕方 (一番重要なのはここ)

①最初、担当別にある月の総売上高目標を出し、担当の平均客単価で割り、目標客数を示し、
15日まで、努力してもらう。このとき、売上より、目標客数を意識してもらう。
②目標売上高から15日時点の売上高を引き、残りの売上高予算を出す。
③残りの売上高予算を、担当の平均客単価でもう一度割り、再度、目標客数を示す。
(あと15日で、その人数をこなせるかどうか)
④どうやって、その人数をこなすかを発表してもらう。
1.30日までに入っている事前予約の人数を引く。(この過程で、次回予約の重要さを知る)
2.自分のお客様で、当日予約の平均人数を確認し(1日に平均2名など)、残りの日数
を掛けて(休日と平日の当日予約の人数を考えて)、その人数を引く。
3.まだ、目標人数に達しない場合、その人数をどうこなすかを聞く。
ここからが一番重要。
●まだ、予約は入っていないが、そろそろ来そうなお客様(2か月間来ていない)に
電話する。何人電話するかを聞く。(日頃からチェックし、DMを出すことの重要性をここで知る)
●自分の友達や、家族を呼ぶ。友人の友人に来てもらう。何人電話をかける、何人呼ぶか聞く。
●平日、ハンティングして捕まえてくる。何人捕まえるか聞く、、、、など。
4.それでも、目標人数に達しない場合は、店販品販売でまかなう金額を聞く。
●平均店販金額を出し、目標人数に達しない売上分を割り、何人に店販品を売るか聞く。
5.それでも、目標人数に達しない場合は、集まった見込み客数で残りの目標売上高を割り、
平均客単価を出し、客単価のアップを約束してもらう。

以上です。

多くのサロンで、一瞬ですが、何かの変化が起こります。

その多くは、スタッフの係数についての意識が高まることです。

そうなると、面白いことに、あまり数値に無頓着なスタッフが居ても、いつの間にか巻き込まれて、売上が上がります。

そういう人は意識が低いので、なかなか客数を増やすまでは行かないが、必ず、客単価があがります。

先日も、新潟のタチカワさんというディーラーさんの講習でこれをやりました。

約20サロンが参加。

参加の全サロンが、実績クリア。

平均的なアップ率は、約8%でした。

あがるのは分かっていましたが、みなさん、

いい発表をなさるので、私の方が驚きました。

この方法は、効きます。

しかし、対処療法です。

年度末や、盛り下がっているときにだけ、行って下さい。

やはり、肝心なのは、

経営者様、あなたの心です。

お金ですか、信頼ですか。

「君子は義にさとり、小人は利にさとる」

自己紹介

1995年
経済産業省認定 中小企業診断士 登録
2000年
ハタナカマネジメントオフィス 設立
ファッション業界、美容業界を中心に、現場ですぐに役立つ提案と支援を得意としています。
最近では、社会保険導入に関する賃金・給与制度の見直し、社労士とコラボによる就業規則の作成、チームワーク改善、強みの武器化のコンサルティングを行っております。

2013年
BSA(ビューティサービススーパーバイザーアカデミー)専務理事
国際理容美容専門学校 マーケティング講師
2014年
JBCA(日本ビューティコーディネーター協会)1級テキスト作成、アイコーディネーター検定2級テキスト作成

スタイリングマップ講習のご案内

日本ファッションスタイリスト協会が主催しているスタイリングマップは、美容室のマーケティングでは、シンプルで最強のツールになると考えられています。

それに気がついているサロンのオーナー様はまだ少数です。スタイリングマップは、色、形、素材で、それぞれが4つのタイプに別れます。基本的に、パーソナルカラーが軸となっています。これに、さらに造形心理学と素材感がまとめて統一して体系化してあります。

これまで、ありそうでなかった理論で、ファッション&美容の業界ではノーベル賞級の発見です。最近では、それに、行動、感情、対人タイプが重なることが分かり、似合わせのご提案はもちろんのこと、パーソナルな接客まで役に立つ理論です。曖昧なところが非常にロジカルに似合わせが可能になります。

現在、美容室に求められている事は、技術より接客の納得感です。それは、電話の受付から始まり、カウンセリングでその納得感が高まるかどうか、施術中の技術の裏付けの納得感、最後、仕上げの納得感です。この納得感を出せない技術者が多いのは、技術ではなく、納得させるコミュニケーション能力であることが分かってきています。その納得感を感じて頂くコミュニケーションで必要だったのが、スタイリングマップの理論であったわけです。

これをいち早くものにしたサロンが、その地域では、ライフスタイルリーダーになれます。また、マーケティングにおいて、そのスタイル1つをコンセプトにするだけでも、いろんな展開ができます。ここを分かって、それを実践している美容室の経営者は、実は、まだ誰一人もいません。早く勉強して取り入れたもの勝ちです。ファッションの業界では、既に、伊勢丹やユナイテッドアローズなどの大手が取り込み始めており、実は、美容の業界でも大手メーカーが動き始めています。本気で興味がおありになる方、ご連絡下さい。協会代表の相澤先生と一緒に、丁寧に、ご案内していきます。

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031