ビューティーサロンレスキュー » 美容院コンサル日記

GWで思ったこと

2016-05-07-土曜日 9:49:05

六甲山に行って思ったのですが、最近の円高の状況でも、どこに行っても中国やタイ、インドなどからの観光客がいるのは本当に有難い事で、ここで使って頂いたお金が確実に企業・団体の業績の下支えになっている感じがしました。日本の良さ、根強く伝わって行って欲しいと思います。一方で、アイフォン6が売れないなど、ハードとしてのスマホ神話も大きく崩れ、国内部品メーカー3割減産などの影響と中国経済の弱まりによる景況感の悪化、そして、パナマ文書流出による世界のお金持ちのお金の使い方の変化など、影響が出てきている様子を伝え聞くと、今年の後半の景気を憂います。そういう中で、最近、信頼のおける接客のエキスパートにある店舗を数件、覆面調査をして頂きましたが、ほんのちょっとの事で、お店のイメージと商品・サービスの付加価値が伝わったり、伝わらなかったりして、業績を左右していることが新ためて分かりました。やはり、一番怖いのは、「自分たちは出来ている」という意識です。こうなってしまうと、改善の余地を自らシャットアウトしてしまい、いくら新規客を取り込んでもザルになってしまう。安ければ良いという業界でもサービスが悪いと、他に安いところ、一杯あるのでそちらに流れる。ましてや、高付加価値を謳っている店舗は、「これでいいのだろうか」という意識を持って、心底、来て頂いたお客様を喜ばすこと、しっかり考えて、お客様が自分のことを好きなんじゃないかと勘違いするくらい、言葉をかけて行かないと、また固くなりつつある財布のひもは緩まないと改めて感じております。今回のGWでは、息子と10年ぶりくらいにUSJに行きました。エヴァンゲリオンの6,500円のパーカーを買い、施設を回っていると、あちこあちのスタッフから「お、エヴァのパーカー、いいですね!」と、声をかけられる息子は気分良さそうで、それを見ている親バカの私も気分がいいです。たぶん、ルーティンになっていると思うのですが、そういったルーティンを考える、また、本気でそれいいね、、って言う気持ちが伝わるところに、これからの厳しさを乗り越えていく根本があるのかと改めて感じた、今年のGWでした。

自己紹介

1995年
経済産業省認定 中小企業診断士 登録
2000年
ハタナカマネジメントオフィス 設立
ファッション業界、美容業界を中心に、現場ですぐに役立つ提案と支援を得意としています。
最近では、社会保険導入に関する賃金・給与制度の見直し、社労士とコラボによる就業規則の作成、チームワーク改善、強みの武器化のコンサルティングを行っております。

2013年
BSA(ビューティサービススーパーバイザーアカデミー)専務理事
国際理容美容専門学校 マーケティング講師
2014年
JBCA(日本ビューティコーディネーター協会)1級テキスト作成、アイコーディネーター検定2級テキスト作成

スタイリングマップ講習のご案内

日本ファッションスタイリスト協会が主催しているスタイリングマップは、美容室のマーケティングでは、シンプルで最強のツールになると考えられています。

それに気がついているサロンのオーナー様はまだ少数です。スタイリングマップは、色、形、素材で、それぞれが4つのタイプに別れます。基本的に、パーソナルカラーが軸となっています。これに、さらに造形心理学と素材感がまとめて統一して体系化してあります。

これまで、ありそうでなかった理論で、ファッション&美容の業界ではノーベル賞級の発見です。最近では、それに、行動、感情、対人タイプが重なることが分かり、似合わせのご提案はもちろんのこと、パーソナルな接客まで役に立つ理論です。曖昧なところが非常にロジカルに似合わせが可能になります。

現在、美容室に求められている事は、技術より接客の納得感です。それは、電話の受付から始まり、カウンセリングでその納得感が高まるかどうか、施術中の技術の裏付けの納得感、最後、仕上げの納得感です。この納得感を出せない技術者が多いのは、技術ではなく、納得させるコミュニケーション能力であることが分かってきています。その納得感を感じて頂くコミュニケーションで必要だったのが、スタイリングマップの理論であったわけです。

これをいち早くものにしたサロンが、その地域では、ライフスタイルリーダーになれます。また、マーケティングにおいて、そのスタイル1つをコンセプトにするだけでも、いろんな展開ができます。ここを分かって、それを実践している美容室の経営者は、実は、まだ誰一人もいません。早く勉強して取り入れたもの勝ちです。ファッションの業界では、既に、伊勢丹やユナイテッドアローズなどの大手が取り込み始めており、実は、美容の業界でも大手メーカーが動き始めています。本気で興味がおありになる方、ご連絡下さい。協会代表の相澤先生と一緒に、丁寧に、ご案内していきます。

カレンダー

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031