ビューティーサロンレスキュー » 美容院コンサル日記

店販品をたくさん売るには

2009-06-10-水曜日 7:50:39

昨日、私の大切なお客様から携帯に「コンテストで優勝しました」とメールがありました。電車の中で見た私は思わず、声を上げてしまいました。本当におめでとう。この方は非常に練習熱心で、コンテストには自主的に良く出るのですが、準優勝が多く、なかなか優勝出来ませんでした。今回で、また一段階、登ったのではと思います。

また、別のサロンでは、あるミーティングがあり、私が司会をし、ナレッジマネジメント(先輩のよいところを引き出す)を行いました。いろいろよい事が出てきましたが、印象に残っているのは、カウンセリング時、最初に頭に想像しながら、聞き上手に回って、提案するときはテクニックと材料をしっかり説明し、施術すると、最後に小売りにつながりやすいということを複数の先輩がそう挙げてくれたことでした。

一方、上の優勝者も店販をすごくよく売ります。上の方のやり方は、最後、お客さんに仕上げしてもらうのですが、やり方がまずいとき、「こうして、こう」みたいに、アシスタントに仕込むように、お客さんに教えるそうです。

店販の要は、「信頼とロジカルさ」です。

上記の場合、優勝しているという信頼と、教えるときのロジカルさで、お客様は、すごく納得していると思います。また、カウンセリングのとき、ロジカルに説明されているので、それが、脳のポケットになり、実際、施術されると、なるほど、と、脳のポケットにその商品のことがすっぽり入る。

一般の小売店では、陳列しているだけ(実はロジックありますが)で、勝手にお客様の方から、レジに来てもらえますが、サロンはそうはいきません。

自分の売上げを構成する要素として、読みやすい数字である、店販をもっと確実に取るようにして、厳しい競争に打ち勝って頂きたいと思います。

自己紹介

1995年
経済産業省認定 中小企業診断士 登録
2000年
ハタナカマネジメントオフィス 設立
ファッション業界、美容業界を中心に、現場ですぐに役立つ提案と支援を得意としています。
最近では、社会保険導入に関する賃金・給与制度の見直し、社労士とコラボによる就業規則の作成、チームワーク改善、強みの武器化のコンサルティングを行っております。

2013年~2023年現在
国際理容美容専門学校 マーケティング講師
2014年
JBCA(日本ビューティコーディネーター協会)1級テキスト作成、アイコーディネーター検定2級テキスト作成

2018年2月 「誰も教えてくれない、経営の秘密。」(髪の文化舎)出版

2020年 JBCA(日本ビューティコーディネーター協会)サロンマネジメント テキスト作成

スタイリングマップ講習のご案内

日本ファッションスタイリスト協会が主催しているスタイリングマップは、美容室のマーケティングでは、シンプルで最強のツールになると考えられています。

それに気がついているサロンのオーナー様はまだ少数です。スタイリングマップは、色、形、素材で、それぞれが4つのタイプに別れます。基本的に、パーソナルカラーが軸となっています。これに、さらに造形心理学と素材感がまとめて統一して体系化してあります。

これまで、ありそうでなかった理論で、ファッション&美容の業界ではノーベル賞級の発見です。最近では、それに、行動、感情、対人タイプが重なることが分かり、似合わせのご提案はもちろんのこと、パーソナルな接客まで役に立つ理論です。曖昧なところが非常にロジカルに似合わせが可能になります。

<スタイリングマップについて>

https://stylist-kyokai.jp/

現在、当方はこのスタイリングマップを導入していただき、全身の似合わせが出来るようになることで、美容室でお洋服販売する取り組みを行っております。

1日に40万円以上のアパレル商品を販売するサロン様も徐々に増えております。

アパレル企業さまでは、昨今、商品を貸し出してくれるメーカー様は減少しておりますが、当方のアパレル業界でのネットワークで、好条件で売れる商品を供給していただけるアパレルメーカー様を2社開拓しております。

もし、こういった件でも、ご興味がございましたら、是非、当方までお問い合わせくださいませ。

カレンダー

2024年6月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930